1. ホーム
  2. 施設・環境紹介

保育室や室内で遊べるルンビニーホール 施設・環境紹介

恵まれた自然環境・充実した施設

恵まれた自然環境・充実した施設

創立40周年を記念して園舎を移転新築、平成9年4月より新園舎にて保育を開始しました。 約7,000m²の広大な園地に建つ約1,470m²の夢のある園舎は、平成14年度第20回福島県建築文化賞特別部門賞の 栄に浴し、次々と設備が進む園環境は、県内屈指の保育施設と高い評価を得て、多くの方々の視察をいただいております。
西に桜の城山、眼前に雄大な安達太良連峰を仰ぎみる絶好のロケーションや、田んぼと自然が残る周辺の環境は幼児期の心身の発達に 最大の効果を発揮しています。また、園舎北側には市立大森小学校が、東方500メートルには県立明成高校が、更にその手前には福島 県赤十字センター、済生会病院があり、福島市の文教地区として目ざましい発展が進んでいます。 国道13号西道路(40m道路)が本園近くに開通しましたので、今後は住宅の増加とともに本園への注目と期待が 大きくなるものと思われます。

園児定員に必要な設置基準の約2倍の建築面積をもつ園舎には、50m²の教室10クラスの他、 237m²の大ホール、60m²の会議室(和室)、医務室、調理室、シャワー室、応接室などが配置されています。
2.5mの幅広廊下、全室木造仕上げ、トップライトによる自然採光などは、園児にやすらぎとぬくもりを与え、教育効果を高めています。 また、広い園内でも園児の外の様子が全教室から見渡せるよう、安全にも最善を尽くしています。

花と緑に埋もれた子どもの園、福島ルンビニー幼稚園は自然との調和が幼児教育にもっとも 重要と考え園内の環境整備に力を入れてきました。除染された園内では鳴く鳥、舞う蝶、集まる虫たちすべて自然のままです。

花と鳥と触れ合いながら園児たちは生命の大切さを学んでゆきます。

ルンビニーの花園で生まれたおしゃかさまのやさしい感性が、この園内で子どもたちにそなわるように、 更に美しさを求めていきます。

どの教室でも明るく広いよ

子育て支援事業・未就園児対象 パオちゃんクラブ対象児

園内すべての教室にトップライトが取り付けられ、採光に気配りされています。
平屋の建物は木造で、木の香りが漂い、2.5m幅の廊下が縁側の役目もします。
教室の前から出入りができる構造は避難時も役立ちます。
八角形のばら組の窓からは大森小学校の様子が手に取るように見ることができます。

発表会もホールでします。

子育て支援事業・未就園児対象 パオちゃんクラブ期間

広いホールは多目的に利用されています。入園式・卒園式・始業式などの他、礼拝、各種行事などと共に発表会でも 使用します。
イスやジュータンを使って300人の収容が可能ですので、思い出をいっぱい作ることができます。 雨の日はおゆうぎ室として体を動かすのに最適なルンビニーホールは、みんな大好きです。